たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

漫画感想記〜チェンソーマン39話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

前回、刀マン組との決着をつけたデンジ達公安のハンター達

 

しかし捉えた沢渡は自害

 

 

回収した銃の悪魔の肉片が漸く動き始めた

 

 

というところで終了となりました

 

 

前回ラストでパワ子のツノがなんか増えてましたが、マキマによると血を飲みすぎたとのこと

 

パワ子は定期的に血を抜かないと凶暴化してしまうそうです

 

 

摂取した血の量が増えすぎると悪魔としての本能が優位になって人間の言うこと聞かなくなるとかでしょうか

 

 

てことは他の公安に協力してる魔人達も定期的に血を抜いているんでしょうね

 

 

というか、パワ子ちゃん、マキマにくそビビってます

 

マキマって今のところ本当に得体が知れない存在ですよね

 

 

初めの頃は「銃の悪魔ってマキマなんじゃね?」と予想してたんですが、それだと刀マン達にデンジの心臓奪わせるなんて回りくどすぎるし最近は違うかなーとか思ってたんですが

 

 

マキマが特殊な存在である候補としては

 

  • マキマの契約している悪魔が特殊
  • マキマは実は魔人
  • マキマは実は悪魔
  • 銃の悪魔と関係している

 

まだまだピースが足りなさすぎてわかりませんね。

 

 

ひとまずパワ子は血抜きでデンジのバディを一時離脱

 

代わりに鮫の魔人がデンジの一時的なバディとなります

 

この鮫の魔人、普段は会話もできないほど凶暴だそうですが、なぜかデンジの言うことだけは聞くそうです

 

 

前回のラストをシンプルに見るならポチタが特殊な悪魔なのか、それともデンジ自身に何か秘密があるのか

 

予想としてはポチタは銃の悪魔の肉片ではなく、銃の悪魔の本体の一部が独立した物

 

 

とかどうでしょうか

 

 

元気がなさそうなデンジを見てマキマが声をかけますが、デンジは「最強に元気」と気だるげに答えます

 

 

デンジのこういう言葉選びなんか好きなんですよね個人的に

 

 

マキマからデートしようと持ちかけられるデンジ

 

デート当日ウキウキなデンジですが、マキマの提案するデートは今から夜の12時まで映画館をハシゴして映画を見まくるというエキセントリックなものでした

 

 

これにはデンジもちょっとがっかり

 

 

ていうかマキマさん、あなたトガタさんですかと聞きたくなります

 

二人は映画館を回りまくるも、見る映画はどれもイマイチ

 

 

そして最後の映画

 

 

なんにもないシーンで何故か泣いてしまうデンジ

 

 

横を見るとマキマも泣いていました

 

 

そして帰り道、デンジは映画で泣いた自分にも心があったのかなーと言います

 

 

直後マキマからハグされたデンジは心臓バクバク

 

 

それを感じてマキマは一言

 

「あったよ」

 

そうして二人のデートは終わりました

 

 

 

束の間の日常回・・・として見たいところですが、ちょっとだけ考察

 

 

デンジもマキマも同じシーンで泣いていました

 

ここってちょっとポイントなのかなと

 

デンジの心臓とマキマに何か密接な関わりがあって、感情がリンクしてた

 

なんてことを予想してます

 

また、ラストのデンジの「自分にも心が」というくだり

 

 

マキマはデンジの心臓の音を聞いて、あったよと答えます

 

ここもデンジの心臓というファクターが、直接明言されてはいませんが組み込まれているシーンなのかなと

 

 

んーまだまだわかりませんね

 

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました

漫画感想記〜バキ道40話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

なんと読者の予想を覆し貝沼文也再登場です

 

しかしやはり重症らしくベッドの上での恒例の被害者は語る的な語りが始まりました

 

要約すると

  • 早かった
  • 力が強かった
  • あれでもやっぱり力士なんだなぁ〜

 

うん

 

 

もう読者も知ってることをいちいち言わなくていいぞ、貝沼文也。

 

 

そして場面変わって再度地下闘技場。

 

 

次なる力士ーズの生贄は

 

 

猪田火飲(かのん)

 

189cm、110kg

 

 

ちょっと待ってください板垣先生

 

名前どうしたんですか??

 

 

力士ーズの生贄トップバッターである混沌(かおす)くん

 

 

そして今回は火に飲むとかいてかのん

 

とりあえず当ブログでは彼のことはかのんたんと呼ぶことにします

 

 

ていうか名前の響き的になんとなーく喧嘩稼業に出てきた「スタッフゥー」が口癖の芸人を思い出してしまいました

 

 

おそらく今後こういう、奇をてらったネーミングは現実世界に於いても板垣ネームとして社会現象になると私は踏んでいます

 

そんなかのんたんに相対する力士ーズの三番手はというと

 

 

大関・巨鯨

 

231cm、290kg

 

ちょっとまて

 

290kg???

 

 

過去、バキシリーズにおけるデカイキャラといえば私的にはアレクサンダーガーレンが一番に浮かぶんですが

 

この男、巨鯨は力士ということもあり横のデカさもあることと、数字のインパクトでスーパーリアルガチ巨人です

 

 

とか思ってたら

 

かのんたん「まるで・・・ではなく正に巨人ッッッ」と同じこと考えてました

 

気が合いますね

 

 

というか、この時点で既にかのんたんは汗ダラダラ。火飲汁ブシャー状態です。

 

 

ともあれ試合は始まり、かのんたんは正面からは勝機がないと見て奇襲を考え・・・

 

 

と思ったらもう目の前にスーパーリアルガチ巨人・巨鯨がいました。

 

 

そのまま巨鯨の突きをくらってかのんたん

 

再起不能リタイア

 

ちょ、かのんたん、マジで何もしてません

 

 

来週のかのんたんのベッドでの再登場に期待したいと思います

 

そして今週はこのまま力士ーズの生贄四番手が登場します

 

総合格闘家・ライトヘビー級

桑田巧美

184cm.89kg

 

なるほどわかってきました。

 

今回の力士ーズの生贄ーズの名前の法則

 

通常ネーム→板垣ネーム→通常ネーム→板垣ネーム

 

と、ローテーションになっているわけですね

 

ということは生贄ーズの大トリは最強の板垣ネームグラップラーが参上すると予想

 

今のところ

 

混沌、火飲と来ていますので初殺(かいん)なんて名前でしょうか

 

カインとアベルより

 

 

それはそれとして生贄ーズの四番手、桑田は完全に力士を舐めまくっています

 

それもそのはず、この桑田、格闘技界ではベテラン「博士(プロフェッサー)」の異名を持つとのこと。

 

自分の命を犠牲に力士ーズの両腕を封印して術を使えなくすると私は予想します

 

 

この桑田に相対する力士ーズ四番手は

 

関脇

猛剣

 

おお、こいつはなんか強そうです

 

次回休載

 

 

そういえばチャンピオンで連載中の「BEASTARS」の作者・板垣巴留先生と板垣恵介先生の親子説まことしやかに語られていましたが

 

 

どうやら事実だったようですね!

 

親子揃って同誌で連載し、メインを張る作家になっているとは本当にすごいですね。

 

板垣親子を応援しています

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました

 

漫画感想記〜かぐや様は告らせたい152話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

前回、赤坂先生のインド取材の結晶であるマキのインド悟り旅編でしたが、結果としてマキが日本が好きということがわかりました

 

 

そして今回、帰国したマキは渚とランチ

 

 

マキ曰くインドは全てにおいて雑な国だそうです

 

色んな人から怒られそうなマキのインド観

 

一応、インド土産があるといいますが、バッグから取り出したのはヨガのポーズを決める男性を模した土人形みたいのでした

 

 

とりあえずもらっておいてオブジェとして置いててもただ変なやつとしか思われなさそうなアイテムです

 

 

そしてマキはパワーストーンとか買うやつまじ意味わかんねーなどと遠回しににつばめ先輩をdisりはじめましたが

 

 

後ろの席につばめ先輩いました(マキは気づいてない)

 

 

場面変わって早坂と藤原がショッピングしています

 

そこへかぐやから電話で白金との交際がスタートしたと報告が入り、安心したような嬉しそうな表情を見せる早坂

 

 

しかしかぐやは舞い上がりまくっており如何にも付き合いたてのカップルが地球上で最高のパートナーみたいな盛り上がりを見せています

 

 

白金と二度目のキスをしたことも相まってキッスの交換日記だの寒いのに会長の唇の暖かさがコントラストを感じるだの自分てキッス魔だったのかしらだのとクソほど惚気ています

 

 

喋りたいだけ喋ったかぐやはさっさと電話を切ってしまいました

 

 

早坂と藤原も食事でしょうか

 

二人で腰を下ろしています

 

 

あそこのカップルちゅーしてるなどと余計なことを見つけて無意識に早坂を煽っていますが

 

 

早坂も達観している風であっても年頃の女の子、先程のかぐやの話を聞いてキスというワードに敏感になっている模様です

 

 

そういえばさっきも自販機の横でいちゃついてたカップルいましたね、と藤原

 

 

言わずもがな白金とかぐやのことですね

 

 

早坂は探るように藤原に尋ねてみます

 

書記ちゃんもキスに憧れたりするのか?と

 

 

藤原も照れつつ

無理矢理唇を奪われたいなんて気持ちもなくはないなんて言ってます

 

 

ちょっと間があってから早坂が藤原に襲いかかりました(百合的な意味で)

 

 

今作品に於いて私の推しツートップが早坂&藤原なので今回は素晴らしい展開となってます

 

 

というかこれはまさか

 

白金×かぐや

 

石上×伊井野

 

藤原×早坂

 

カップリング成立くるのか

 

藤原はヒロインというポジションでありながら(かぐやは主人公の一人、というポジ。公式より)、所謂相手役がいなかったので、まさかの早坂との百合カプとなったりするんでしょうか

 

 

個人的に大賛成です

 

 

白金・かぐやペアは白金パパと遭遇

 

 

パパ「やってんなー。続きやってていいぞ」

 

パパは変に場を乱すキャラではないですが毎回毎回ビミョーに下世話ですね

 

 

そして場面は藤原が初詣でバッタリつばめ先輩と遭遇

 

藤原は人類が皆平和であるようにお願いしていたようです

 

 

こういうのって人に言うと叶わないよねと言われて人類全てに謝罪をしています

 

そして白金からかぐやへ早坂伝てにクリスマスプレゼントが渡されます

 

 

その中身はネックレス

 

 

そしてここから恋愛が成就したかぐやの暴走が始まります

 

ネックレスの長さ24.8cm
T=2πL/g
つまり周期が2.0064
一往復でほぼ1秒

 

つまり

 

同じ時を生きようという意味

 

ちょっと待ってください

 

難解すぎます

 

しかも色々と深読みしすぎです

 

 

やはり天才ゆえの一風変わった解釈でしょうか

 

 

これには早坂も

 

その奈良時代みたいな恋愛観よくわかりません

 

などと言われています

 

 

そして学校が始まり久々の生徒会集結

 

各々何を考えているかというと

 

 

白金:付き合いはじめたことを皆に報告すべきか??

 

かぐや:隙を見つけてキッスしたい

 

 

藤原:三学期こそ痩せる

 

伊井野:・・・・

 

 

石上:つばめ先輩に告らせるには・・

 

 

かぐやは正に恋は盲目と言ったところでしょうか

 

そして同時進行で石上くんは告らせたい。が展開していくのでしょうか

 

 

今回は個人的に推しである藤原・早坂の絡みがあったので満足ですご馳走さまでした。

 

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました

 

漫画感想記〜よふかしのうた4話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

 

近々、友達の結婚式があるんですが数人ほどで余興を頼まれてましてその時使うガトリングガンを作ってヒマな時間を過ごしている者です

 

 

前回、夜になってもなかなか会えずに、けれども実際にはお互いを探していたという早くもニヤニヤできそうな展開となりました

 

 

今回はというと

 

 

結局今夜もナズナになかなか会えず一人探し回っているコウ

 

 

と、そうこうしていたらナズナと遭遇

 

そこでコウはお互いに探す時間を短縮するためにあるアイテムを持ってきていました

 

 

腕時計型トランシーバー

 

 

なにやら子供心をくすぐるアイテムです

 

 

だがしかしといい、コトヤマ先生はこういう童心を感じさせる舞台装置が好みなんでしょうか

 

 

これにはナズナもなかなかの食いつきを見せます

 

 

どうやってこれで遊ぶのか

 

 

と遊びに使いたい模様

 

 

これに対しコウは連絡手段で使うと主張するも

 

 

連絡手段としつつこれで遊んでもおけ?

 

 

と、どうしても遊びのツールとしても使いたいようです

 

 

そしてコウ自身も、小さい頃にこの腕時計トランシーバーを買った時、一人でこれをどう使えば最大限楽しめるかを考えていたと言います(友達と使って、ではなく一人でという所にコウの潜在的根暗さを感じます)

 

 

コウが考えた遊び方とは

  1. まず、トランシーバーの片方を見つからずらい場所に置く
  2. 置いた場所からトランシーバーが消えていたら誰かが持っている
  3. トランシーバーでコールする
  4. 誰かわからない人と連絡できる

 

 

たしかに面白そうであるが、なんか暗いのかアクティブなのかよーわからん遊び方です

 

 

実際、トランシーバーは無くなっていてコウはコールをしなかったがそれっきりそのトランシーバーは使うことは無かったと

 

 

これにはナズナ暗っ

 

といいつつややウケてます

 

そしてコウはその「悲しきトランシーバの片割れ」を装着してきていました

 

 

これにはナズナ爆笑

 

 

コウも思ってたよりウケたことでなんか喜んでます

 

 

10代前半の子が異性に面白い話ができちゃった時の快感ですねコレは

 

 

ともあれナズナとの連絡用に新たに持ってきたトランシーバーで実際にやりとりができるのかテストプレイをしようと持ちかけるコウ

 

 

 

テストプレイという単語にいやらしさを感じていちいちそこをいじるナズナ

 

 

相変わらず下ネタには敏感なようです

 

 

トランシーバーは半径150m以内なら連絡が取り合えるらしいです

 

なかなかありそうなスペックです

 

 

ともあれテストプレイ開始

 

 

二人は別れてしばらく歩いてからコールボタンを押すと無事に連絡が取れました

 

 

 

ナズナ「前方に敵発見・・・殺すか」

 

 

コウ「まだだ・・しばらく泳がせろ」

 

 

 

などと遊んでいます

 

 

こういうの持つとお互いにどっちがあーあるある!みたいなこと言った方が勝ちみたいな空気が流れだします

 

 

そんなやりとりから、コウが付き合いたてのカップルみたいですねなどと言いナズナを慌てさせます

 

 

 

早く好きになりたいな、と独り言を言ってますがトランシーバーが通話モードになっておりナズナに聞こえてます

 

 

そういえば悲しきトランシーバーの片割れどうなったんだろう

 

 

というコウのモノローグが語られ

 

 

最後に片割れらしきトランシーバを持っている制服女子(地味顔)が登場してヒキ

 

 

三人目のキャラクター登場しましたね

 

地味顔のヒロインキャラはなんか人気が出る、と私の統計上でています

 

 

今後どう絡んでくるんでしょうか

 

ではまた(^^)

 

 

ご覧いただきありがとうございました

漫画感想記〜化物語62話〜.

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

 

最近ASMRというものを偶に聴いてます

 

以前から言葉としては知ってたんですが、聴いたことはありませんでした

 

 

ちなみに催眠〇〇ニーというものを聴いてます

 

 

ゾクゾク来ますね(^ω^)

 

なにかおススメのASMRがあったら教えて下さい

 

 

前回、蛇と戦っている最中に乱入してきた神原にいきなりぶん殴られた暦

 

神原の真意とはなんだったのか

 

 

猿の手でぶん殴られて血反吐吐きながらぶっ飛んだ暦ですが、神原が言います

 

「蛇というのは気性は荒いが臆病で、こちらから近づいたり攻撃を加えたりしなければなにもしてこない」と

 

 

つまり蛇切縄が暦に攻撃を加えていたのは単純に防衛行動であって、暦が蛇を追うことを止めればこの戦闘は終わることを意味しています

 

 

つまり蛇の邪魔をしなければこれ以上暦か傷つくことはないということですが

 

 

蛇は撫子の元を離れ呪いをかけた張本人の元へ戻ろうとしていました

 

 

暦が蛇を止めなければ蛇は呪い返しという形で呪いをかけた本人に危害を加えます

 

 

そこまで理解していて神原は暦を止めます

 

 

「救う相手を間違えないでくれ」と

 

 

神原自身、暦を止めることがどういう結果を招くかわかっていて、神原に自分を止めさせたことを詫びる暦

 

「辛い役目をさせてすまない」と

 

 

なかなかに後味の悪い顛末となりました

 

 

そして撫子も無事目を覚まし、涙ながらに暦に感謝の意を述べます

 

 

一件落着・・・とはいかなかったものの、当初の目的である撫子を助けるという目的を果たした暦と神原でしたが、蛇の毒は暦の回復力を上回っており、忍に吸血されることで回復を試みるため、学習塾跡へ向かいます

 

 

撫子と神原の二人に肩を支えられて意識も朦朧とする暦

 

 

無意識に撫子のを揉んでいます

 

 

暦もそれとは意識していませんがなんか心が落ちつく模様

 

 

撫子も助けてもらった恩もあり、少しでも落ちつくなら、とこれを拒みません

 

 

神原もこれに気づき今回の成功報酬と見るべきか否か、否ならば見過ごせないが・・・などと言っていますが、神原的にはどちらも(暦も撫子も)羨ましいらしいです

 

どんな状況でもブレません神原駿河

 

 

そして忍の元へ向かう道中、神原が今回の騒動のことを撫子に詳しく聞くと初めは呪いとかに詳しい専門家のおじさんに教わったことが発端で、ネットで調べたりしていて蛇に行き着いたとのこと

 

 

そしてこの専門家のおじさんは貝木と名乗っていたと。

 

 

ここであの男の名前が出ましたね

 

 

貝塚の貝に枯木の木で三木眞一郎氏の声のアイツですね

 

これは偽物語のコミカライズも確定でしょうか

 

 

そんなこんなで無事に忍の所へ戻ってきた一行

 

 

道中もずっと無意識に撫子のを揉んでいたらしくなんかもうホカホカしています(何)

 

 

忍が現れ暦の首筋に噛みつき、暦を咥えたまま去っていく忍

 

 

今回でなでこスネイク編は終了でしょうか

 

 

今までのパートと違い、蛇切縄とのやりとりに重きが置かれていたため今パートのヒロインである撫子の描写は少なめでしたね

 

 

寧ろ神原がヒロインぽい

 

 

次週からは化物語における最終パート"つばさキャット"へ突入でしょうか

 

 

余談ですが、はじめの一歩が連載30周年ということで今週、来週は二号連続で巻頭カラーとなるようです

 

 

千堂は好きなキャラなので、今のメキシコ編楽しみです

 

 

ともあれ森川先生30周年おめでとうございます

 

 

ではまた(^^)

 

 

ご覧いただきありがとうございました

漫画感想記事〜東京卍リベンジャーズ126話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

最近ようやく涼しくなってきましたね

 

油断してパンイチで扇風機回して寝てたら思いのほか肌寒く若干風邪をひきかけているような気がしなくもないです

 

 

前回、横浜天竺とともに現れた元・東卍参番隊隊長稀咲。

 

タケミチをヒーローと呼ぶコイツは何しにきたんでしょうか

 

 

どうでもいいですが、私個人的に稀咲はあまり好きなキャラではありません

 

確か初登場でタケミチとすれ違った時だったとおもうんですが

 

その時の稀咲の顔がめっちゃキモかった覚えがあるんですよね

 

 

それでなんか嫌いです

 

 

さてそんな稀咲ですが、天竺でのポジションは"総参謀"とのこと

 

恐らくまだ天竺に加入して日が浅いであろうこの男がいきなりそんなポジションに就いているとは、やはり天竺総長との何らかの繋がりがありそうです

 

 

そして稀咲は言います

 

「オレはオレの東卍を作る」と

 

 

これはどういう意味なんでしょう

 

 

稀咲が欲していたのは東卍という組織そのものなのか、それとも東卍を東卍たらしめている組織が必要なのか

 

後者だとしたら稀咲にとっての"東卍"とは何をもって指すのか

 

 

 

以前マイキーが馬地を救いたいとメンバーに伝え、東卍メンバー全員がそれについて行く姿勢を見せた時に

 

「オレが求めていたものはこれ」

 

 

などと言ってましたが、つまるところ稀咲が欲しているのは圧倒的なカリスマを持った組織、ということなのか

 

いずれにしろ稀咲の"オレの東卍"の真意はイマイチまだ分かりません

 

 

とりあえず稀咲はそれだけ言って一緒にいた半間とともにその場を去ります

 

組織は変わっても稀×半の妄想は捗りそうです

 

個人的には半×稀の方がしっくり来ますが

 

 

そうこうしているとダウンしている千冬を引きずって巨漢が現れました

 

 

横浜天竺

四天王・望月莞爾(通称:もっちー)

 

多分こいつはELTのファンでしよう

 

 

ちょっと思ってたんですが、千冬って強さ的にはどの辺なんでしょうか

 

弱くはないんだろうけど、がっつり強さを見せつける場面もなく、やはり強さというよりはタケミチの相棒としての面がフィーチャーされるキャラなんでしょうかね

 

ともあれ四天王・もっちーは千冬をタケミチ達の元に放って部下達にタケミチらの始末を命じて別の東卍部隊を潰しにその場を離れます

 

この時もっちーが「鶴蝶(カクチョー)に手柄を渡すな」と言っていますが、別の四天王でしょうか

 

そんなこんなでピンチのタケミチらですが、そこはバイクが突っ込んできました

 

なにやら"目黒のツインデビル"と呼ばれているそのバイクの主は溝中のメンバータクヤを抱えて来ました

 

 

その男とは

 

 

いつもニコニコ顔で好戦的なセリフを吐く東卍肆番隊隊長・河田ナホヤ・・・

 

 

ではなく、その双子の弟・河田ソウヤでした

 

 

ソウヤは肆番隊の副隊長を務めているようで、兄・ナホヤはニコニコ顔で好戦的

 

弟・ソウヤはブチギレ顔で天使のハート

 

と正反対な二人

 

 

ソウヤは顔に反して言葉遣いも優しそうな感じです

 

 

そしてナホヤは今から横浜にカチコミに向かうと言います

 

期せずして当初のタケミチの予定通り横浜へ向かう展開となりそうですね

 

千冬も目を覚まし乗り気になっているところでヒキ

 

 

舞台は横浜へと移りストーリーが展開していくんでしょうか

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました

何かに追われる恐怖

ども、たくまるです

かゆうま(挨拶)

 

先日、映画「チャイルドプレイ」を見てました

 

チャッキーという殺人鬼の魂が乗り移った人形に追いかけ回されるあの映画です

 

かなり有名なんで、見たことある方も多いと思います

 

確かに不気味な存在であるチャッキー

 

しかし殺人鬼の魂が宿っているとはいえ所詮は人形。

 

単純にスケールで比較すれば人間とは15m級の巨人くらいのスケール差があるわけです

 

調査兵団の精鋭たちですら単独で巨人を討伐するのは危険という戦力差

 

リヴァイ、ミカサ級の戦闘能力があれば別かも知れませんが、チャッキーにそれほどの戦闘スキルがあるかは甚だ疑問が残ります

 

 

「チャッキーなんて所詮人形だし、人間の叶うわけない。スケールの有利さを舐めるな!

 

 

とまあ、そんなスタンスで生きている私

 

 

今日は天気も良いし、ちょっくら出かけようかなー

f:id:tak1989takuya:20190917165713j:image
f:id:tak1989takuya:20190917165718j:image

 

ふんふーん♪

 

f:id:tak1989takuya:20190917170226j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170229j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170233j:image

おぁっ!

 

f:id:tak1989takuya:20190917170345j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170358j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170329j:image

一体なにが・・・・

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917170350j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170334j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170342j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170354j:image

・・・・

 

f:id:tak1989takuya:20190917170503j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170506j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170456j:image

こんのクソがぁっっっっ!!

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917170459j:image

噴っっっっっ!!

 

f:id:tak1989takuya:20190917170635j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170647j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170651j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170639j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170632j:image

ヴンッ

 

f:id:tak1989takuya:20190917170731j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170743j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170746j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170739j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170735j:image

あがぁぁぁぁああぁぁぁ!!!

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917170848j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917170838j:image
f:id:tak1989takuya:20190917170851j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 



f:id:tak1989takuya:20190917170855j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917170843j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171027j:image

はぁっ、はぁっ・・・

 


f:id:tak1989takuya:20190917171031j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171011j:image

うがあぁぁあぁぁぁ!!!

 


f:id:tak1989takuya:20190917171021j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171014j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171035j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171155j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171200j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171207j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171203j:image

わあああぁぁぁぁあああ!!(小声)

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171305j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171258j:image

はぁはぁはぁはぁ・・・

 


f:id:tak1989takuya:20190917171302j:image

f:id:tak1989takuya:20190917171354j:image

ふーーーっ

 

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917171358j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171402j:image

あがぁぁぁぁああぁぁぁ!!!

 

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171447j:image

くっそーーーー

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917171443j:image

ぬんっ!!!!(覇気で黒くした)

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171600j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171604j:image

いるんだろ、わかってんだよ

 

 


f:id:tak1989takuya:20190917171557j:image
f:id:tak1989takuya:20190917171554j:image

おらぁああぁぁぁぁああ!!!

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917171830g:image

 

あがぁぁぁぁああぁぁぁ!!!

 

f:id:tak1989takuya:20190917172141g:image

あがぁぁぁぁああぁぁぁ!!!

 

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917172226g:image

わあああぁぁぁぁあああ!!

 

 

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917170127g:image

あぁぁぁああああぁぁぁ!!!

 

f:id:tak1989takuya:20190917172329g:image

あぁぁぁああああぁぁぁ!!!!!

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917172402g:image

あがぁぁぁぁああぁぁぁ!!!

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917172654j:image

f:id:tak1989takuya:20190917172658j:image

 

 

f:id:tak1989takuya:20190917172610j:image
f:id:tak1989takuya:20190917172620j:image
f:id:tak1989takuya:20190917172616j:image
f:id:tak1989takuya:20190917172613j:image

 

 

結論:人形に追われると最初はスケール差で余裕だと思うが、人形の持つ暗黒パワーを球状にした攻撃で宇宙まで吹っ飛ばされてまた地球に戻ってくる思いをするためすげー怖い。でした

 

 

小兵に足元をすくわれるとはこのことですね

 

 

ではまた(^^)

 

 

ご覧いただきありがとうございました