たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

takの漫画感想記〜チェンソーマン36話〜

どーも、takです

かゆうま(挨拶)

 

今日から漫画感想などもちょこちょこ書いていこうと思います

 

画像の転載はないのでそこのところよろしくどうぞ

 

前回、沢渡を確保した早パイとコベニちゃん

 

今回は場面移って、デンジとパワ子がエレベーターに乗ってるシーンから開始します

 

 

開幕1ページ目、パワ子がしわがれた人の手みたいなん持ってますが、今回の作戦で使う特殊なアイテムかなんかでしょうか

 

 

・・・と思ったらただのメシかい!笑

 

 

1ページ目で思った考察を2ページ目で早くも覆されました。

 

流石藤本タツキ先生です

 

 

と、エレベーターが開くとそこには夥しい数のゾンビが!

 

バイオハザードの一作目やってるからか、妙に親近感の湧くシーンです

 

大量のゾンビと遭遇するも、デンジ達に気づいてない様子

 

デンジは、自分達の目的はサムライソードだし、ここは静かに無視しちまおう、う提案します

 

 

わしはパワー!!!

 

 

秒でデンジの案は却下されました笑

 

 

そのままパワ子は自分の血から二本の剣を生成して、ゾンビ軍団の中に突っ込んでいきます

 

 

この時のセリフ

わしは逃げてない!!

気高い!

 

っていうの、サムライソードから襲撃受けた時に逃げたと言われたこと根に持ってるんでしょうか

 

パワ子かわw

 

すると頭二つ分くらい他のゾンビよりデカイゾンビが現れるも、1ページブチ抜きでこれを秒殺

 

藤本タツキ先生て、こういう見開きでキャラが血を撒き散らしながら狂った様に戦う描写好きだよなぁ

 

カッコいいけども!

 

 

エレベーターに残ったデンジはパワ子を無視して上がっていくと、サムライソードと接触

 

速攻でサーチアンドデストロイするのかと思いきや、サムライソードから問われます

 

自分の爺さんを殺した時どう思ったか、と。

 

 

デンジは、ゾンビになってから殺したからべつに、と答えるも

 

 

サムライソードは自分は初めてゾンビを殺した時には感じることがあったのに、何も感じないデンジは、心を失っている、と述べます

 

ここってどうなんですかね?

 

以前からデンジの、他人への淡白さみたいなものは強調されてきましたけど、それが果たしてポチタと合体して人の心を失ってしまっているのか

 

そもそもデンジの過去の生きてきた環境から、他人への感情そのものが育まれていないのか

 

倫理観とか、死生観みたいなものが希薄になってしまったのか、そもそも持っていないのか、

 

後者だとしてもヒドイ奴!!、ってよりはデンジの生きてきた環境ではそれも仕方ないよなぁとも思ったり

 

デンジの心臓が狙われてるって語られる辺り、特殊な事情があるのかもわかりませんが

 

それはそれとして、サムライソードとの会話は終わり。

 

デンジ対サムライソード、チェンソーvs刀の再戦が始まった所でヒキ。

 

とりあえず今週もパワ子かわいい

 

 

ドクターストーン、アクタージュも毎回テンション落ちることなく面白いです

 

そして本日更新のジャンププラスで連載中の群青のマグメルが第一部完

 

来週から休載に入るのか、もしそうなら再開がいつからなのか明記しておいてほしいなぁ!

 

マグメル、ラストに向かってひたすら盛り上がって、キレイに第一部が終了しました

 

次回から休載になるにせよ、第二部が非常にたのしみです。

 

ドクターストーン作画のBoichi先生や、マグメルの第年秒先生もそうですが、国外の漫画家が日本で素晴らしい作品を披露できる場が増えて来て、それを読むことができて、漫画好きとして非常に嬉しいです!

 

最近はバンドデシネもちょっと気になったりしています

 

話が逸れましたが、こんな所で

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました