たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

takの漫画感想記〜化物語60話〜

どーも、takです

かゆうま(挨拶)

 

久々連載再開化物語です

 

なでこスネイクもクライマックス近いですね

 

ちなみに自分は化物語は原作未読でアニメ版のみ視聴してたんですが、アニメ版と展開に若干の差異があります

 

これは原作準拠なんでしょうか??

 

それでは本編

 

場面は撫子の体から蛇切縄が引き剥がされて撫子に呪いをかけた本人の元へ行こうとする蛇切縄を暦が追っかけるとこからスタート

 

 

去ろうとする蛇切縄を暦が吸血鬼の飛行能力で追いかけていきます

 

この時、立てられてる旗に暦が突っ込んでそれが体にまとわりついたまま飛行してる姿が吸血鬼の衣装と翼みたいな演出にも見えてイカしてます

 

グレ先生こういうアニメ映えしそうな演出とかエフェクトが毎回センスを感じます

 

蛇切縄に追いついた暦ですが、当然蛇切縄も簡単に捕まるつもりは無く暦に反撃します

 

自分の体なら耐えられると暦は持久戦に持ち込もうとしますが

 

なにかが暦の体を貫きます

 

始めは牙か?!思うも明らかに牙以外のものがブスブスと体に突き刺さります

 

この「見えない何かが体を刺し貫く演出」も例によってイカしてます

 

この時暦は忍野との会話を思い出します

 

蛇というのは人の体にもある(アレではない)

 

産まれたばかりときくっついているアレ

臍の緒です

 

ちなみに自分は人の体の蛇と聞いてやはりアレだと思いましたごめんなさい(^。^)

 

臍の緒は命を引っ張りだす(ここちょっと曖昧です違ったらすみません)みたいな意味があり、故に蛇も魂を引っ張り出す力がある、と。

 

暦が感じた自分の体を刺し貫いた無数の何かは落武者らしき者たちが持つ無数の刀でした

 

グレ先生の絵で無数の落ち武者が現れたので

 

風の玉璽のインフィニティアトモスフィア

 

かと思いました

 

 

残火の太刀・南

 

とも勘違いしそうです

 

というところでヒキ。

 

久々の掲載ですが、化物語は話自体はアニメで知ってるため「前回までどんなだっけ??」みたいな混乱もなく読めるのがいいですね

 

そろそろ撫子スネイクもクライマックス!

 

今章が終われば残るはつばさキャットを残すのみですね

 

コミカライズは化物語のみで終わる予定なんでしょうか??

 

個人的にはグレ先生の画力で傷物語は見てみたいと思ってます

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました