たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

takの漫画感想記〜バキ道38話〜

どーも、takです

かゆうま(挨拶)

 

さー今週のバキ道

 

バキシリーズ長年の読者様達は分かっていると思いますが

 

今のところバキ道は「どう見てもコイツやられるやんというキャラクターを現在スポットが当たっている格闘技ないしキャラクターにぶつけてそのキャラの凄さと強さをもったいぶって同じ描写を繰り返し何度も見せつける板垣先生の恒例行事」

 

期間中なので

 

ストーリーの進捗にはしばらく期待しないでおきましょう。

 

 

個人的には岩浪混沌(カオス)くんの活躍している姿はしばらく見ていてもいいかなというか寧ろ見せて下さい板垣先生!!というくらいのテンションではあるんですが果たして

 

 

と、ここでかおすくんの渾身のバックブローが炸裂し、見事クリーンヒット!!

 

しかし

 

かおすくんの裏拳に伝わった感触はというと

 

 

ぼくは思い切り倒すつもりで目の前のお相撲さんの顔に裏拳をぶち当てたんだ。お相撲さんの顔を殴ったと思ったら間違えて岩を殴っちゃってたんだ

 

 

以上。

 

 

今週のかおすくんの全てが集約されています

 

いや、かおすくんがそもそも今回の力士達の強さを読者にアピールするためだけに産まれたキャラクターだとすれば

 

上記の文章がかおすくんの人生全てが集約されていると言っても過言ではないのかもしれません。。。切な。

 

かおすくんのバックブローを意にも介さず力士は突っ込みかおすくんのパンツをまわしを掴むかの如くがっちりとホールドします

 

そしてそのまま持ち上げる!!

 

この時かおすくんが感じたのは、明らかに常人よりもウェイトもあるであろう自身のガタイ、しかも総合出身で組まれた時の防御も持ち合わせているであろうにもかかわらず簡単に持ち上げられてしまったことへの驚き

 

 

ではなく

 

 

持ち上げられた拍子にパンツが食い込んでいることに驚いていました

 

まあ主人公刃牙も以前シリーズ第3部「範馬刃牙」における父・勇次郎との壮大な親子ゲンカの最中、突如現れた祖父・範馬勇一郎の亡霊を見て「肩幅広ッッ」となぜか異常に

 

肩幅の広さ

 

に食いついていたので板垣ワールドにおいて現実の我々が反応してしまう様なポイントは参考とならないのでしょう

 

そんなわけで現在読者にその動向を最も注目されているであろう岩浪混沌(カオス)くんも例に漏れず、持ち上げられたことよりも何より気になるのは自分の金玉

 

彼の中では

 

総合格闘家の自分が持ち上げられたという事実<パンツの食い込み

 

なのです

 

今後この技はキンタマリフトと呼ばせていただきましょう

 

本人がそう感じているのですから仕方ありません

 

以上で今週のバキ道感想を終わります

 

 

・・・

 

かおすくんのバックブローがクリーンヒットしたが、キンタマリフトによってパンツが食い込んだかおすくんは地面に投げられ埋まった。

 

 

これが今週のバキ道の全てです。相変わらず凄まじいまでの密度です

 

というか、今更この程度のこと見せられても

 

「うおー!!やべー!!相撲ってめちゃくちゃ強えーーじゃん!!ただ太ってるだけじゃねー!!」

 

とはなりませんよ

 

こういった展開はまだ何周か続くと思うので覚悟して見ていきましょう。

 

今週のチャンピオンをパラパラと見てて思ったんですが、女の子がおしっこ我慢出来ずに指からおしっこだしたり、男女がお風呂に入って足で背中を流したりと、今のチャンピオンにはなかなか尖った性癖の作者さんが跋扈している模様でした

 

いやニッチすぎない?笑

 

とも思いましたがきっと需要があるのでしょう!!

 

娯楽というものは考えたら負けです

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました