たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

漫画感想記〜よふかしのうた4話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

 

近々、友達の結婚式があるんですが数人ほどで余興を頼まれてましてその時使うガトリングガンを作ってヒマな時間を過ごしている者です

 

 

前回、夜になってもなかなか会えずに、けれども実際にはお互いを探していたという早くもニヤニヤできそうな展開となりました

 

 

今回はというと

 

 

結局今夜もナズナになかなか会えず一人探し回っているコウ

 

 

と、そうこうしていたらナズナと遭遇

 

そこでコウはお互いに探す時間を短縮するためにあるアイテムを持ってきていました

 

 

腕時計型トランシーバー

 

 

なにやら子供心をくすぐるアイテムです

 

 

だがしかしといい、コトヤマ先生はこういう童心を感じさせる舞台装置が好みなんでしょうか

 

 

これにはナズナもなかなかの食いつきを見せます

 

 

どうやってこれで遊ぶのか

 

 

と遊びに使いたい模様

 

 

これに対しコウは連絡手段で使うと主張するも

 

 

連絡手段としつつこれで遊んでもおけ?

 

 

と、どうしても遊びのツールとしても使いたいようです

 

 

そしてコウ自身も、小さい頃にこの腕時計トランシーバーを買った時、一人でこれをどう使えば最大限楽しめるかを考えていたと言います(友達と使って、ではなく一人でという所にコウの潜在的根暗さを感じます)

 

 

コウが考えた遊び方とは

  1. まず、トランシーバーの片方を見つからずらい場所に置く
  2. 置いた場所からトランシーバーが消えていたら誰かが持っている
  3. トランシーバーでコールする
  4. 誰かわからない人と連絡できる

 

 

たしかに面白そうであるが、なんか暗いのかアクティブなのかよーわからん遊び方です

 

 

実際、トランシーバーは無くなっていてコウはコールをしなかったがそれっきりそのトランシーバーは使うことは無かったと

 

 

これにはナズナ暗っ

 

といいつつややウケてます

 

そしてコウはその「悲しきトランシーバの片割れ」を装着してきていました

 

 

これにはナズナ爆笑

 

 

コウも思ってたよりウケたことでなんか喜んでます

 

 

10代前半の子が異性に面白い話ができちゃった時の快感ですねコレは

 

 

ともあれナズナとの連絡用に新たに持ってきたトランシーバーで実際にやりとりができるのかテストプレイをしようと持ちかけるコウ

 

 

 

テストプレイという単語にいやらしさを感じていちいちそこをいじるナズナ

 

 

相変わらず下ネタには敏感なようです

 

 

トランシーバーは半径150m以内なら連絡が取り合えるらしいです

 

なかなかありそうなスペックです

 

 

ともあれテストプレイ開始

 

 

二人は別れてしばらく歩いてからコールボタンを押すと無事に連絡が取れました

 

 

 

ナズナ「前方に敵発見・・・殺すか」

 

 

コウ「まだだ・・しばらく泳がせろ」

 

 

 

などと遊んでいます

 

 

こういうの持つとお互いにどっちがあーあるある!みたいなこと言った方が勝ちみたいな空気が流れだします

 

 

そんなやりとりから、コウが付き合いたてのカップルみたいですねなどと言いナズナを慌てさせます

 

 

 

早く好きになりたいな、と独り言を言ってますがトランシーバーが通話モードになっておりナズナに聞こえてます

 

 

そういえば悲しきトランシーバーの片割れどうなったんだろう

 

 

というコウのモノローグが語られ

 

 

最後に片割れらしきトランシーバを持っている制服女子(地味顔)が登場してヒキ

 

 

三人目のキャラクター登場しましたね

 

地味顔のヒロインキャラはなんか人気が出る、と私の統計上でています

 

 

今後どう絡んでくるんでしょうか

 

ではまた(^^)

 

 

ご覧いただきありがとうございました