たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

漫画感想記〜かぐや様は告らせたい152話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

前回、赤坂先生のインド取材の結晶であるマキのインド悟り旅編でしたが、結果としてマキが日本が好きということがわかりました

 

 

そして今回、帰国したマキは渚とランチ

 

 

マキ曰くインドは全てにおいて雑な国だそうです

 

色んな人から怒られそうなマキのインド観

 

一応、インド土産があるといいますが、バッグから取り出したのはヨガのポーズを決める男性を模した土人形みたいのでした

 

 

とりあえずもらっておいてオブジェとして置いててもただ変なやつとしか思われなさそうなアイテムです

 

 

そしてマキはパワーストーンとか買うやつまじ意味わかんねーなどと遠回しににつばめ先輩をdisりはじめましたが

 

 

後ろの席につばめ先輩いました(マキは気づいてない)

 

 

場面変わって早坂と藤原がショッピングしています

 

そこへかぐやから電話で白金との交際がスタートしたと報告が入り、安心したような嬉しそうな表情を見せる早坂

 

 

しかしかぐやは舞い上がりまくっており如何にも付き合いたてのカップルが地球上で最高のパートナーみたいな盛り上がりを見せています

 

 

白金と二度目のキスをしたことも相まってキッスの交換日記だの寒いのに会長の唇の暖かさがコントラストを感じるだの自分てキッス魔だったのかしらだのとクソほど惚気ています

 

 

喋りたいだけ喋ったかぐやはさっさと電話を切ってしまいました

 

 

早坂と藤原も食事でしょうか

 

二人で腰を下ろしています

 

 

あそこのカップルちゅーしてるなどと余計なことを見つけて無意識に早坂を煽っていますが

 

 

早坂も達観している風であっても年頃の女の子、先程のかぐやの話を聞いてキスというワードに敏感になっている模様です

 

 

そういえばさっきも自販機の横でいちゃついてたカップルいましたね、と藤原

 

 

言わずもがな白金とかぐやのことですね

 

 

早坂は探るように藤原に尋ねてみます

 

書記ちゃんもキスに憧れたりするのか?と

 

 

藤原も照れつつ

無理矢理唇を奪われたいなんて気持ちもなくはないなんて言ってます

 

 

ちょっと間があってから早坂が藤原に襲いかかりました(百合的な意味で)

 

 

今作品に於いて私の推しツートップが早坂&藤原なので今回は素晴らしい展開となってます

 

 

というかこれはまさか

 

白金×かぐや

 

石上×伊井野

 

藤原×早坂

 

カップリング成立くるのか

 

藤原はヒロインというポジションでありながら(かぐやは主人公の一人、というポジ。公式より)、所謂相手役がいなかったので、まさかの早坂との百合カプとなったりするんでしょうか

 

 

個人的に大賛成です

 

 

白金・かぐやペアは白金パパと遭遇

 

 

パパ「やってんなー。続きやってていいぞ」

 

パパは変に場を乱すキャラではないですが毎回毎回ビミョーに下世話ですね

 

 

そして場面は藤原が初詣でバッタリつばめ先輩と遭遇

 

藤原は人類が皆平和であるようにお願いしていたようです

 

 

こういうのって人に言うと叶わないよねと言われて人類全てに謝罪をしています

 

そして白金からかぐやへ早坂伝てにクリスマスプレゼントが渡されます

 

 

その中身はネックレス

 

 

そしてここから恋愛が成就したかぐやの暴走が始まります

 

ネックレスの長さ24.8cm
T=2πL/g
つまり周期が2.0064
一往復でほぼ1秒

 

つまり

 

同じ時を生きようという意味

 

ちょっと待ってください

 

難解すぎます

 

しかも色々と深読みしすぎです

 

 

やはり天才ゆえの一風変わった解釈でしょうか

 

 

これには早坂も

 

その奈良時代みたいな恋愛観よくわかりません

 

などと言われています

 

 

そして学校が始まり久々の生徒会集結

 

各々何を考えているかというと

 

 

白金:付き合いはじめたことを皆に報告すべきか??

 

かぐや:隙を見つけてキッスしたい

 

 

藤原:三学期こそ痩せる

 

伊井野:・・・・

 

 

石上:つばめ先輩に告らせるには・・

 

 

かぐやは正に恋は盲目と言ったところでしょうか

 

そして同時進行で石上くんは告らせたい。が展開していくのでしょうか

 

 

今回は個人的に推しである藤原・早坂の絡みがあったので満足ですご馳走さまでした。

 

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました