たくまるブログ『あゝ無情。』

ゲームや漫画、筋トレやネタなど自分の趣味を記事にしたブログ書いてます。適度に更新

漫画感想記〜化物語63、64話〜

ども、たくまるです

 

かゆうま(挨拶)

 

今回は2話分一気に感想行きます

 

前回、蛇切縄の件はひとまず一件落着、ということで、今回は後日談的な内容になりました

 

冒頭ファイアーシスターズが暦を起こしに来ますが、中々にエキセントリックな起こし方(ダイビング強制起床)で起こしにかかりますが

 

暦も暦で王蟲掌(おーむしょう)なる変態奥義で仰向けのまま水平移動し顔面と股間で妹達を受け止めます

 

 

暦って嗜好多すぎですよね

 

 

そして暦は学校を終え、撫子と会います

 

 

蛇の件でお礼に来たとのことですが、暦はこれを「神原にこそ礼を言ってやってくれ」と勧めます

 

撫子も当然神原にも礼をしに来ており、暦よりも先に神原と遭遇していましたが、神原は撫子に気づくともなく帰宅してしまった模様

 

 

その凄まじいスピードの神原を見て撫子はその様を達急動のようだったと形容します

 

 

※達急動とはビックリマンに登場するヤマト王子というキャラクターが使用する高速で移動する技

 

 

なぜ達急動で形容する、とツッコミを入れる暦

 

 

これには撫子もツッコミを入れてもらえるとは思わなかったと答えます

 

撫子も撫子で、ビックリマンを詳しく知っているわけではなくネットで見たことがあるから知っているとのこと

 

 

これあれですね、オタクあるあるですね

 

 

明らかに世代に合ってない事柄を詳しくは知らないが、名前だけは知っている若しくは聞いたこと・見たことはある、というのが頻出する現象

 

 

自分もそうなんですが、アニメ・ゲーム・漫画好きなタイプの所謂世間からオタク扱いされやすい人達というのは、やたらと広い範囲の知識を見たことがある、というのが多い気がします

 

 

個人的な見解ですが、漫画やゲームで扱われるパラダイスネタなんかを見つけて、それをネットなんかで調べて、そこから芋づる式にそこに付随する知識も付いてくる

 

 

という現象が起きてるのではないかと考えています

 

 

オタク間での会話の盛り上がりはパロディの元ネタの出し合いとかで盛り上がるのもあるあるですね

 

 

以上の情報から察するに撫子はオタクなのではないでしょうか

 

しかも「すごいスピード」を例えるのであれば加速装置とかタイムアルターとかヘイストとかあるのにわざわざ達急動を出してくるあたりも非常にオタクっぽいですね

 

 

 

そして暦の独白、本日をもって自身が怪異と関わる日々は終わる、と

 

 

あとはこのままつばさキャットに突入してひとまず本編終了の流れかな

 

 

なんて思っていたら

 

 

64話ラストでまさかの

 

 

次週より、こよみヴァンプ編スタート(傷物語)

 

 

 

これは驚きです

 

 

 

化物語がコミカライズされるのであれば他の物語シリーズもコミカライズ期待していましたが

 

 

その中でもアニメ映画化もした傷物語は是非グレ先生の絵で見たいなーなんて思っていたら

 

 

つばさキャットの前に挟んでくるとは

 

 

しかし順番としてはこよみヴァンプ編にも羽川は関わりのあるエピソードではあるので、先に傷物語のエピソードを描いてからつばさキャットに行った方が話の説明としてスムーズなのも確か。

 

 

これはかなり楽しみです

 

 

64話は暦と撫子の所へ羽川が現れて撫子が逃げる以外は特に話の進展はなし

 

 

ちなみ物語シリーズのヒロインズでは羽川が一番推しです

 

 

そういう意味でも羽川がヒロインしてる傷物語は楽しみです

 

 

ではまた(^^)

 

ご覧いただきありがとうございました

 

 

ばいちゃ☆